Welcome!!

サッカーとサポーターと
漫画や絵を描いて楽しんでいるサイトです。

2017
1204

四月のコスモス

そんな花 世界中のどこにも


随分前に描こうとしていた漫画の表紙をセルフリメイク。確か2013年頃のお話ですね。

---------------------------------

▼来年終結100周年を迎える、WW1に出兵した英国各クラブのサッカー選手たちの記念碑を立てよう…というたいへん興味深いプロジェクトを見つけましたのでご紹介。
FOR CLUB AND COUNTRY
(※誤訳上等、雰囲気読み取りの拙い英語能力でご紹介しているので、詳しくは上記リンク先でご確認くださいませ)

英国のWoodland trustという森林保全団体と、マンチェスターの国立フットボール博物館が提携している寄付プロジェクトのようです。 各クラブごとに寄付できる形になっており、寄付したサポーターはフットボール博物館の常設展に(!)名前が載るんだとか。
サイト内の「Find your club」では、クラブごとにWW1に出兵した選手を紹介しています。これが、なかなか…。

欧州各国のクラブやリーグは、その数百年を誇る長い歴史を持ち上げられることがままありますが、同時にあの第一次〜第二次対戦を生き抜いてきた証でもあります。
生き残ったクラブが今輝いていていることもあれば、当時所属していた選手スタッフが亡くなっていることもあり、さらにその余波で名も残せず散っていったクラブも、なかには当然存在したんだろうなと思います。

そして、いつの時代も、我々個人単位の小さな幸不幸や感情の積み重ねを歴史書に残すことはできません。
だからこそ、こういった民間/個人単位での貴重な情報をウェブ上で開示してくださっているのは、いちフットボールの歴史追い人として非常にありがたいなあと思うのです。後世の人間が慮り想像を巡らせるトリガーとして、ぜひ機能&成功してほしいプロジェクトです。


---------------------------------

▼2017年の大宮のこと(仮/17.12.04)

まずは、本当に 本当に、お疲れ様でした。

ホーム最終戦に行ってから諸々考えたことがあったのでつらつらと…書いているのですが、下書きの段階で恐怖の4000文字超えの怪文書になりました。
そのうち…年内までにまとまったらいいなあ。現段階の概略だけ下記につらつらとまとめますが、もしかしたら別記事単品であげるのではなくここに直に上書きするかもしれません。更新されたそのときは生暖かい目で見ていただければと思います。

1.自分の反省
まずは、去年から引き続いて全然応援しに行けてなくてごめんね、ごめんねという気持ちで本当に…。学生時代から比べると、年々観戦数がガクっと落ちてしまいました…。
当然、来年も支援と投資の意思表示を込めてシーチケは更新しますが、しかし観客数には繋げられていないことを考えると…たいへん申し訳ないです。

あと今年から遂にシレっと高校サッカー選手権および高円宮杯U-18サッカーリーグという育成年代の超良質神コンテンツに手を出してしまったのですが でもこれは許してほしい(お前…………)(CS楽しみ)(さいたまダービー消滅危機の余波がこちらにも迫っているのですが どちらかのチームが必ず落ちるという本当に鬼のような状況なので 胸が詰まる)

2.クラブとサポーターの二者間が積み重ねるものの違い
なんだか真面目そうなタイトルですね。これについては、また次回ちゃんとまとめますがざっくり言いますと…

今年度絶望的なホーム最終戦のなか掲げられた「ENJOY!!!」のコレオは、2014年の降格なしでは絶対に出せなかったサポーターからのアンサーであり"変化"である
…と考察する、いち大宮アルディージャのゴール裏シーチケ持ちサポからの意見でございます。

これを語るにあたって、降格した2014年及び今年度の大宮アルディージャ・ホーム最終戦の「チーム状況」と「コレオ」を例に考察しておりますが、別にオレンジャーさんの回し者(?)ではないので、大宮サポの方もそうでない方も、オレンジャーの中の方にも、うっかりこの意見と考察がほんのり伝えられたら良いなと思い、ゴリゴリと長文を書く決意を固めた次第です。

というわけで1万字を超えるトンデモ怪文書にならない程度に、ぼちぼちまとめていきます…。

---------------------------------
拍手ありがとうございますー 今年もあと少しですね…。

CLAP!
-2017.11
-LOG-