ミラニスタ神父の副読本的メモ帳

| info | メモ | 日記 | 進捗 | チラシの裏 | Res |

edit_notememo-Log

メモ


チアゴ・モッタの2-7-2理論が天才すぎる 今度ボローニャの試合見るか… #CALCiO2020

メモ



今回のミラノダービー煽り合戦 なんか全体的にハイコンテクストで全然わからなかったんですけどミラン側はこれブーメランでは…(コラッ!!)

メモ


2019年のだけどインテリスタとミラニスタがバキバキにやり合ってるやつ見つけた!!!!これが現地の空気

拍手毎度ありがとうございます!!細々やっていきます〜

メモ


本人発音助かる

拍手ありがとうございます〜!!! 更新はもう少々お待ちください!🙏やるぞやるぞやるぞ

メモ,日記

絶対聞く~~倉敷さん解説のセリエA見てみたいなー

メモ

"記者席の隣では、地元局アナウンサーがラジオ中継のマイクをオフにして放送禁止用語を連発している。レッチェのセリエA開幕戦白星はクラブ史上初めてらしく劇的勝利に興奮するのはわかるが、肩がつく距離で怒鳴られ通しの僕の耳は痛くてたまらない。"
https://number.bunshun.jp/articles/-/858...



これが"""セリエA"""なんだ……

メモ

「メンタルが複雑骨折」鎌田大地27歳ラツィオ移籍までの苦悩を激白…幻の背番号14、“グチ聞き役”の長谷部誠から「“ラツィオいいじゃん”と」
クラブ名は明言されてないけど、報道通りミランのマルディーニ解任から本当に歯車が狂ったんだろうなって…いや本当にサッカー界恐ろしい 個人事業主はこれがあるから怖い
でもCALCIO IS BACKと言われる昨今(実はプレミアの次にお金動いてるリーグらしいですね)セリエAを選んでくれた鎌田選手には間違いなく先見の明がありますよ!!ラツィオでテッペン獲ってほしい!!

以下超私事
いち個人事業主ですが自分も仕事でこのパターンを食らい心身&財政共に限界を迎え大真面目に筆を折るか検討した身なのでマジ他人事ではない
まさに人事とか、自分自身の出来不出来関係ないところで仕事まるごと流れるとかほんとザラですからね…そして流れたあと宙ぶらりんになる期間本当に辛い マジでバキバキに心折れる わかる
でもそんな折れかけの中でもう一度漫画をやろう、描き続けようと己を奮い立たせてくれた光がサッカーでありセリエAだったので、なんていうか鎌田氏のエピソードには勝手に縁を感じています(何?!)

サイト名と漫画タイトルの「ルネサンスのA!」は、そのまんま「再生/復活」「はじまり(A)」の意と作品テーマを込めてます。セリエA自体が90年代の黄金期から長らく凋落していると言われ続けたリーグで、それでもイタリアにはずーっっとセリエAは存在してもがき戦い続けていて、その隣で見つめ続けていた人たちがずーーーーーーっといたわけで
なんかもうほぼ答え書いちゃってる気がするけどこっから先はネタバレになっちゃうし漫画で表現したいことなのでストップストップ!!「なんでこんなヘンテコ漫画描いてるか」の項をぼちぼち作ると思うのでその辺できちんと纏めて語りましょうね!!(草案になってしまった)畳む

メモ

ウェイウェイなんやかんや来週開幕っすよ楽しみ!!

コメント欄見て気づいたけどそうか鎌田さんは鳥栖時代フィッカデンティ監督の指導受けてたんだなあ
#CALCiO2020 はこのタグでまとめていこう

メモ

ブルーロックの伊訳が気になって調べたんですけどそのまんま英題でBLUE LOCKだった なるほど〜
アズーリなんとかではなかった

メモ

ラツィオ鎌田きた〜〜〜〜!!!!!!🤩🤩🤩🙌🙌🙌🥳🥳🥳🎉🎉🎉

今期第一号のセリエA移籍日本人選手だ!!丁重に囲め!!!

以下正式入団決定までの流れが面白かったので時系列?で










サインするまでを実況してる&バースデー移籍は初めて見かけたかも
日本語放送&報道増えると思うと超楽しみ!!!畳む

メモ


23-24シーズンのミランアウェイユニフィオレンティーナの白百合アウェイユニ良すぎる〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!欲しさで言うと正直どっちも欲しいレベル
とりあえずミランは今年ほぼ確で買うなこれ…

メモ


早くこの一時間越え伊東さんのイタリア滞在記じっくり見たいんですけど最近目が離せない仕事が続いており〜〜
半年くらいかけてサッカーキングさんの🇮🇹解説シリーズ《セリエA》を消化してきたけどようやく半分くらい!完走したら名作・傑作選・永久保存版的なのをまとめたいんだよなあ

メモ

ミラン公式に来ましたね… トナーリのニューカッスル行き
というか公式サイト落ちててわろた 一体何が原因なんだろう(すっとぼけ)

メモ

ミラニスタたちが現代のリーノ・ガットゥーゾことサンドロ・トナーリに手錠掛けたがってる一方ガッリアーニは物理的にガットゥーゾを拘束していた

メモ